大学院入試等

修士課程

大学院工学府航空宇宙工学専攻

一般選抜試験は4月入学者を対象とする試験であり、前年度8月中下旬に行われます。合格した後、4月に入学すると、4分野、9つの研究室に配属され、航空宇宙工学の基礎をさらに深化させた高度な教育を受け、併せて個別のテーマの修士研究に取り組みます。特に数学と力学の応用による工学的な思考法に基づく教育研究を重点的に実施している点に特徴があります。

修士論文提出後、航空宇宙産業、自動車等の輸送機械メーカー、電機メーカー、または、博士後期課程進学を経て研究機関等に就職します。尚、修士課程、博士後期課程それぞれにおいて、早期修了制度があります。

グローバルコース入学者選抜

航空宇宙工学専攻内に設置され英語による教育を行うグローバルコース入学者のための選抜試験です.

外国人留学生特別選抜

外国の大学からの受験生を対象とする入学試験です。< 4月入学者対象の入学試験が例年1月に実施されます(10月入学者対象の入学試験は実施しておりません)。

学部3年次生を対象とする特別選抜

学部3年から修士課程1年への飛び級試験です。3月に実施されます。募集要項は以下をご参照下さい。

大学院入試の詳細(過去5ヶ年の試験問題,試験科目等)は個別ページへ
大学院入試の詳細は工学府の大学院入試のページへ
航空宇宙工学専攻の特徴は工学府航空宇宙工学専攻の説明へ

博士後期課程

以下は工学部の大学院入試の関係するページへのリンクです。

一般選抜

社会人特別選抜

博士後期課程グローバルコース

募集要項(PDF形式)
願書書式(Word形式)